求人広告における採用とは

トップ > サービス案内 > 広告代理事業 > 求人広告における採用とは

求人広告における採用とは

人材の採用について

そもそも、人材の採用とは、人員計画における人材の不足が確認されたときに、外部から新たな人材を募集することで、人材補強を行ったり、強化したりすることを言います。
その中でも、新卒採用、中途採用(経験者採用)などの手法が存在し、正社員や契約社員、期間社員、パート、アルバイト、派遣、委託など様々な雇用契約によって成り立っています。一般的には、新卒採用とは、大学等を卒業した社会経験や職務経験がない人材を採用することを言います。
また、中途採用(経験者採用)においては、一定の社会経験や職務経験がある人材を採用することを指します。

採用の手法

採用の手法にはいくつかありますが、例えば、新卒採用や中途採用であれば、大手就職情報サービス「リクナビ」や「マイナビ」、「en社会人の就職情報」や「リクナビNEXT」、「マイナビ転職」などのWebサイトなどが挙げられます。
もちろん、大学等で用意しているWebサイトへ求人情報を掲載するWeb系の求人媒体と、就職情報会社や大学が企画する企業説明会等にブースを出展する方法等もあります。
他にも人材派遣や人材紹介などを行っている企業に、予め登録されている人を派遣、紹介してもらう方法等もあります。最近では、特定のスキルや経験を持った人材に直接アプローチすることで転職させるヘッドハンティングという形式の人材採用もあります。

契約社員、期間社員、パートタイマー、アルバイトなどの非正規社員の採用の場合は、ハローワークに求人を出したり、無料求人誌(フリーペーパー)の「DOMO(ドーモ)」、「タウンワーク」、「バイトルドットコム」、「an」、「ジョブアイデム」などに掲載をする手法が知られていますし、新聞折り込み広告などであれば、地元の新聞などに広告を出すことで募集することが一般的です。

求人情報の分散化

今では、従来からの紙の求人媒体だけでなく、Webの求人媒体も主流になってきており、情報が提供されるメディアが多種多様になったために、求人情報の分散化が目立っています。しかも、それによって求人広告から情報を読み取って応募する求職者と募集企業とが「出会う」ための場が多すぎて、求人もしくは人材のミスマッチが多くなってきています。
さらには、社会問題でもある、非正規社員の増加によって求人情報も膨大な件数が出ており、ミスマッチは至るところで発生してしまっています。

一口に求人広告と言ってもこのようにたくさんの手法やメディアが存在します。
その中で私たちアントレプレナーは「木を見て森を見ず」ということがないように、マクロ環境もしっかりと把握した上で、ご提案をすることが大切であると考えます。

お問い合わせはこちらから

  • 広告代理事業
  • ホームページ制作
  • デザイン制作

▲ページの上部へ