求人広告媒体について

トップ > サービス案内 > 広告代理事業 > 求人広告媒体について

求人広告媒体を選ぶには

採用ターゲットと企業のマッチングのために、
最良な求人媒体を選定する

お客様とのヒアリングにより、
「どんな企業が、どんな人材を必要としているのか」
が明確になってきたら、次は最適な媒体を選びます。
いくら優れた原稿を作成しても、ターゲットの目に触れなければ意味がありません。

お伺いした多くの情報の中から、紙媒体なのか、web媒体なのか、もしくは併用するのかなど、最適なプランを選定・ご提案いたします。

求人広告媒体の選び方

紙媒体

これだけインターネットが普及した時代、なぜ紙媒体なの?というご意見もたしかに有ります。

しかし、無料の求人情報誌は認知度も高く、現在職探しのツールとしては大きな影響力を持っています。

メリット
  • 多くの人の眼に触れる露出機会の多さ
  • 幅広い掲載コスト
  • 過去の経験から応募者数予測が立てやすい
  • 媒体の配布エリアと読者層で告知範囲を調整できる
デメリット
  • 申し込みから掲載までの期間が長い
  • 発行日に応募が集中しやすく、対応作業も集中する
インターネット媒体

もはやインターネット媒体は、求人広告において欠かすことのできない存在となりました。
以前はパソコン環境のある場所でしか閲覧できませんでしたが、携帯電話やスマートフォンの普及によって、時間や場所を選ばずに閲覧することのできる強力な媒体です。

より広範囲に情報発信でき、さらにメール応募機能などで24時間対応することができるインターネット媒体は、今後さらに加速して利用されていきます。

メリット
  • セグメント分けされた求職者に対するアピールが可能
  • スカウト機能がある場合は、積極的な求人活動が可能
  • 掲載までの期間が短い
  • メール応募機能で24時間受付が可能
デメリット
  • インターネット等を活用する層にしか露出できない
  • 気軽に応募ができるため、就労意欲にバラツキがあることも

お問い合わせはこちらから

  • 広告代理事業
  • ホームページ制作
  • デザイン制作

▲ページの上部へ